茶三楽のかき氷

茶師十段 大山泰成氏 直伝
日本茶を体感する、かき氷

私たちは、夏の強い日差しの下で汗を流しながら観光される方々に、少しでも涼やかになれるお茶を提供できないかと考えていました。
そして、「涼を感じる本物のお茶」を提供したいという思いに茶師十段 大山さんが賛同いただき、直伝の日本茶かき氷を提供させていただける運びとなりました。

かき氷のお茶は、大山さんと茶三楽が選んだ特別なお茶。
茶名人たちが作った至極のお茶を味わえる、「日本茶かき氷」をご堪能ください。

茶三楽 池田寛樹

かき氷メニュー

抹茶エスプーマかき氷
釜炒り茶エスプーマかき氷
みたらし和紅茶かき氷
抹茶かき氷
ほうじ茶かき氷

エスプーマかき氷
ほうじ茶かき氷
かき氷紹介冊子

かき氷営業期間について

抹茶エスプーマのかき氷のみ10月12日(月)まで提供期間を延長いたします!(10月は1日20食限定/予約不可)

抹茶エスプーマ以外のかき氷に関しましては、9月末で終了いたします。

抹茶エスプーマかき氷の楽しみ方


人物紹介

茶三楽かき氷の生みの親

大山 泰成 さん

日本に13名のみという、日本茶 茶審査技術段位の最高位「茶師十段」を所持。
日本茶に対する深い造詣と卓越した技能を有するとともに、人気かき氷店である東京下北沢「しもきた茶苑大山」店主でかき氷の作り手としても超一流。
かき氷界を席巻する「抹茶エスプーマかき氷」を最初に作った人物です。

茶農家さんのご紹介

“エスプーマかき氷”の抹茶

辻さん(京都府宇治市白川)
宇治でも優良な茶葉が生産される産地、白川。この白川に茶園を構える茶農家の辻さんは、全国茶品評会での一位を獲得された匠です。
宇治の茶名人が育てた最高の茶葉を贅沢なかき氷に仕立てました。

“抹茶かき氷”の抹茶

林さん(京都府相楽郡和束町)
美しい茶畑の景観が広がる茶産地、和束町で茶づくりに謹む林さんは、若い時の大病をきっかけに、有機栽培と自然農法での抹茶作りに取り組んでいます。
林さんの抹茶は、身体に優しく自然の恵みを感じます。

“ほうじ茶かき氷”のほうじ茶

興梠さん(宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町)
五ヶ瀬町は全国的に珍しい、摘んだ茶葉を釜で炒る「釜炒り茶」の名産地です。興梠さんは、茶葉本来の香りを大切にしたお茶作りに力を入れています。興梠氏の茶葉をかき氷用に、大山さんが独自焙煎し、香り高いほうじ茶に仕上げました。